PKO5

PKO5原則とは

PKOとは日本が国際連合の平和維持活動に協力する時に守らなければならない法律のことです。
詳しい内容は説明しませんが、その中に書かれているPKO5原則がいつも議論の焦点となります。
PKO5原則とは停戦合意が成立していること、紛争当事国によるPKOの実施と日本の参加が合意されていること、中立的立場を順守すること、基本方針が満たされない場合は撤収することが可能であること、武器の使用については生命の保護のための最小限にとどめることの5項目のことです。
これらの点が守られているのかをきちんと確認する必要があるのです。
しかし、紛争が発生している国でこれらの項目を明確に判断することは簡単なことではありません。
そしてPKO活動中に状況が変わることも十分にあり得ることです。
自衛隊が本当に撤収できるのか、それは現地で判断するしかないのです。
国会で議論するようなことではないでしょう。
今までのPKO活動においても、問題がなかったわけではありません。
その度に、政府の答弁によって切り抜けているのが実情なのです。
自衛隊員の生命を守ることは重要です。
紛争ですから、戦争そのものなのです。
そのような地域に必要最小限の武器で出発しなければならない隊員の気持ちはどのようなものでしょうか。
もちろん、隊員の本音が公表されることはありません。
しかし、家族は心配でたまらないのではないでしょうか。
日本のPKO活動はそれぞれの地域で評価されています。

しかし、危険な地域への配備はありませんから、他国のPKO活動とは一線を画していることは間違いないのです。